理想の分譲住宅は専門会社の施工実績と事例を見てから決める

専門用語を理解する

住宅

よく不動産の広告で自由設計という言葉を目にします。多くの人が自由に設計のデザインができて、要望を思いのままに取り入れてもらえると思うでしょう。しかし、この自由設計という言葉には、決まった定義がなく広い範囲で利用されています。不動産会社によって定義が異なる為、利用者側が混乱することもあります。自分が家を建てる時に不動産会社やハウスメーカーとの意思の疎通をしっかりと行なう為に、ある程度専門用語を理解しておくことも大事です。自由設計と一緒になって用いられる言葉の中に、注文住宅という言葉があります。注文住宅とは、間取りや仕様は決まっているものの、購入者が自由に内装やインテリアを変更できる仕組みになっています。このカスタマイズの自由さを自由設計と表す不動産会社もいます。

企画住宅も、自由設計と一緒に使われることがある言葉です。企画住宅は、建物の外観や設置する設備、間取りがあらかじめ用意されており、それを購入者が自由に組み合わせるという内容になっています。好きな様に選択できることから、自由設計やフリープランと表現されることもあります。いずれにしても、ある程度用意された条件の中で好きな選択できるので、購入者側としてもプランニングにかかる時間や手間を省く便利さがあります。設計士や建築家を探し、相談して家のコンセプトを考える。この作業だけでも相当な時間と経費が掛かりますが、自由設計ならこれらを削ることができます。